Browse Category by 金利と上限
金利と上限

キャッシングの金利の上限はどれくらい?知っておきたいマメ知識

キャッシング 上限
カードローンやキャッシングを行う際に気になるのが、利息です。あまりに高い利率であれば借りることも躊躇してしまいます。しかし、日本には利息制限法という法律があり、法律上年利20パーセントを超える利息は設定できないことになっています。延滞金が発生するなど、問題長怒らない限り20パーセントを超える金利の設定は違法となるのです。

一般的に設定されることが多いのが、15パーセントから18パーセントの間です。キャッシングの金額が数百万円であればもっと利息が低く抑えられることがありますが、その分審査が厳しくなる場合や、使用目的が限られるなど制限も多くなります。一般的に50万円程度であれば18パーセント程度で借りられる場合が多く、借り過ぎを防ぐためにより少ない借入枠を設定することも珍しくなくなっています。15パーセントであればかなり低い水準と言えます。

ただし、金利と合わせて返済方法も確認しないと、かえってお金の支払いがかさむ場合があります。これは一カ月に返済できる金額が調整できない場合、借りれば借りるほど返済に時間が掛かり利息負担が増すことがあるからです。リボ払い専用など、翌月の支払いによる完済が難しい場合もあります。総合的なバランスを考えてキャッシングを選ぶことも重要になるのです。

まとめて返すことが可能なカードの場合は、より金利が低いカードを作って借りかえて返す方法もあります。ただし、お金を借りられる総額は増えることが多いため、さらにお金を使わないように注意をする必要があります。複数の会社からキャッシングを受けている場合は、審査に落ちるケースや上限額が減ってしまう可能性が出てきます。また、既存のカードの更新のタイミングで年収を確認され、返済専用のカードになってしまう事もあります。

支払い能力の確認ができない場合はキャッシング枠の増額も難しくなるため注意が必要です。逆に返済に余裕がある場合は同じカードでも借入枠を増額できることもあるため、気になる場合は問い合わせてみるのも方法です。