クレジットカード現金化の流れについて


クレジットカードの現金化、という単語を見かけると「クレジットカードがどうすれば現金になるんだ。キャッシングのことだろうか。」と考える方も多いかもしれません。クレジットカード現金化とは、正確にはクレジットカードには必ず存在しているショッピング用の与信枠を利用して現金を入手する、という手法になります。その仕組みは非常にシンプルです。

まずカード会社の通信販売サービスを利用して、ギフトカードを購入して下さい。一週間から10日程度で自宅にギフトカードが届きますので、これを金券ショップへ持ち込みます。金券ショップではギフトカードの買取を行っていますので、額面から手数料を差し引いた金額で買取をしてくれます。

もし、自分の契約しているカード会社がギフトカードの取扱をしていない場合にはクレジットカードの現金化を行ってくれる業者へいくのがシンプルで楽な方法です。窓口で申込書に名前や金額を記載し、クレジットカードを渡します。すると業者側ではそのクレジットカードで申込金額通りにクレジットカードの決済を行います。無事に決済が完了するとそのクレジットカードで購入した物品を渡してくれます。物品は業者によって様々です(人気の業者はコチラ→あんしんクレジット)。

物品を受け取ったら今度はその物品を業者に対して売却する手続きを行います。別の申込書になっているケースもありますので、その場合には改めて別の書面に業者側が買取金額を書きますが、業者はこのとき決済した金額から数%割り引いた金額を提示します。決済金額から実際に買い取ってくれる金額の差額が業者側の利益になります。金額を確認して問題なければ名前などを記載します。これで商品の買い取り契約が成立です。業者側が現金を渡してくれますので、あとは通常のクレジットカードと同じように支払日に決済額を支払っておしまいです。

このように物品を媒介に商品の購入と買取を同時に行って現金を渡してくれるのがクレジットカード現金化の特色です。正常な商取引を同時に二回行うだけですので違法性もないことがご理解いただけるかと思います。